札幌市清田区の社会福祉法人厚仁会 特別老人ホーム清幌園 静樹苑 清幌園里塚緑ヶ丘

社会福祉法人厚仁会
社会福祉法人厚仁会

  2017年1月28日

【実践発表】全国老人福祉施設研究会議

画像1

1月24〜25日に長崎県長崎市で開催されました、「平成28年度全国老人福祉施設研究会議」において、当法人職員2名が出席し、実践発表を行いました。

 この研究会議は、公益法人全国老人福祉施設協議会が主催し、全国の社会福祉法人が一堂に会し、現場での実践発表・研究発表を行い、互いに高め合いながら日本らしい介護・福祉、地域共生社会の礎をつくる為の会議です。

当法人は、団塊の世代が後期高齢者になる2025年も見据え、北野地区で地域福祉を担っている、福祉のまち推進センターや行政・関係機関・地域ボランティア・学生等と連携しながら、地域住民の認知症に対する理解を広めたり、認知症支援を行う「認知症支援事業 陽だまりひろば」を、昨年度より実施しています。

実践発表では、「認知症になっても安心できるまちづくり」をテーマに、事業の一つである、北野地区で実施した「認知症高齢者声掛け・模擬捜索訓練」事業にスポットを当て、事業を通して地域の方が認知症理解を深めたり、地域の方と当法人と団体・機関との繋がり、事業の効果や課題、今後の事業の展望などについて発表しました。

発表に向けた企画・準備で事業について振り返る事ができ、当日の発表では高い評価を頂き、今後の事業へ向けたエネルギーになったのではないかと思います。
また他法人の発表では、個別・地域特性に合わせた様々な取り組みから、地域公益につながる、多くの事業案を得ることができました。

この機会も生かしながら、次年度以降も事業を推進していきたいと考えています。
今後とも当法人へのご指導・ご支援をよろしくお願いいたします。

*長崎は連日晴れでしたが、寒かったです。

画像2

画像3

画像4

(C) KOJINKAI All rights Reserved.

PAGE TOP